お金をすぐに、今日中に借りたい人の為のキャッシング情報

お金借りる 今日中に!|どうしてもすぐに必要な人の為のキャッシング

MENU

今日中にすぐに借りたいといえば?

急にお金が必要になり、今日中に借りないといけない!?…そんな急な話では、なかなかお金を都合をするのが大変。でも、最近では即日融資の消費者金融が増えており、今や当たり前のサービスとなっています。しかも、初めての利用なら30日間は無利息で借りられるなどの、嬉しいサービスもあるほどなのです。法律も整備され厳しくなってきていますので、昔のような不安もありません。今や、キャッシングは上手にやりくりするための心強い味方となっているのです。

 

なかでも、早く借りられる消費者金融として定番となっているのが「アコム」と「アイフル」です。「アコム」はテレビコマーシャルでも定番の消費者金融で、キャッシングと言えば真っ先にこの名前が頭に思い浮かぶ人も少なくありません。実質年率は3.0%〜18.0%で、限度額は1万円〜800万円。最短で30分といったスピーディー審査で、初めての利用者には30日間金利が0円という嬉しいサービス付きです。

 

そして、「アコム」の次に人気の「アイフル」。お笑い芸人がイメージキャラクターとして宣伝されているので、知っている人も多い消費者金融です。実質年率は4.5%〜18.0%で、限度額は1万円〜500万円。最短で30分といったスピーディー審査はアコムと同じで、手続きがすべてWebで済ませられるといった便利な面があります。


即日融資を受けるためには?

申し込んだその日に借りたいのであれば、タイミングがとても大事なポイントとなります。土日祝日では即日融資が難しいですが、平日なら14時までに審査から契約までを完了させるようにします。そのためには、午前中に申し込みをし、必要書類を準備しておきましょう。ちなみに、14時を過ぎてしまっても手段はあります。14時を過ぎてしまった場合は、審査が終わっていれば自動契約機で借入することができるのです。

 

消費者金融がおこなう審査では、申込者の経済力や借入状況などを調べて、融資をするかどうかを決めます。融資をしても大丈夫か?延滞することなくきちんと返済してくれるか?…といった事を確認するのです。

 

即日融資が可能となっているキャッシングでは、身分証明書を提示して振込口座を告げ、審査を無事にパスすることができれば、その日のうちにお金が振り込まれることになります。基本的に、即日融資といったスピード勝負のサービスでは、パソコンや携帯、スマートフォンなどのインターネットから申し込みができるようになっています。運転免許証などの必要書類も、写メールで送ることが受付OKとしていることがほとんどです。

 

ただ、スピーディーの融資をしてくれる反面、金利が高いといったデメリットがあります。なので、必要以上のお金を長く借りてしまうと、利息がたくさんついて返済が大変なことに…。緊急で必要な分だけ借りるようにしましょう。すぐに返済すれば、利息もそこまで多く加算されることはありません。


スマホや携帯で簡単申し込み

昔とは違い、今は携帯やスマートフォンで簡単にキャッシングを申し込める時代。昔は消費者金融の窓口に出向いて申し込みをしなければいけなく、誰か知り合いに見られたらと思うと気が気でもなかったものでした。しかも、消費者金融の店舗に行くというのはなかなか勇気がいるもの。必要があって借りたいのだけれども、なかなか入れない…なんて人も多かったのです。それが今では、インターネットの環境が整っていればどこでも申し込みができるのですから楽なもの。そうした気軽さがキャッシングの利用者を増やしていることにもつながっています。

 

ちなみに、審査レベルは昔と変わりません。申し込み方法が窓口だけでなくインターネット、そして無人契約機といった、これまた店舗に直接いかなくても申し込みができる機械ができたとはいえ、審査については変わらず緩くなっているわけではありません。限度額や総量規制を超えての借り入れはできません。

 

申し込みが気軽にできるようになった事は、気軽にお金を借りてしまいやすい状態になってともいえます。借りすぎは身の破滅につながってしまいますので、収入と支出のバランスをよく考えて、無理のない返済計画の元で借りるようにしましょう。上手に活用できると、これほど心強い味方はありません。


専業主婦でも借りられる

昔はサラ金と呼ばれるように、サラリーマンの男性が借りることが多かったですが、最近では主婦の方も上手に利用されることが増えています。ただし、貸金業が改正され、総量規制が設けられたことからも、主婦の人がお金を借りるのはちょっと大変なものとなりました。

 

専業主婦の場合では収入がないですから、融資を受ける場合は配偶者の年収を元に計算されることになります。もしくは、消費者金融ではなく銀行から借りることに…。銀行では総量規制が適用されないので、夫の収入で左右されることはないのです。

 

ご主人がしっかりとした収入を得ていれば、銀行でのキャッシングも可能となっています。まずは消費者金融と銀行、それぞれ気になるところを見比べてみるといいですね。


更新履歴